​ごあいさつ

こどもは実に豊かな表現者です。

 

まだ言葉を話さない赤ちゃんも、流暢に話せない幼児も、

実は私たち大人の何倍も丁寧に世界を見つめ、溢れる音を捉えています。

Signを持たない乳幼児は表現する手段を持たないので、何も語りません。

大人もまた彼らとコミュニケーションをとる手段を持たないので、言葉を発しない赤ちゃんを見て「まだ何もわからないだろう」と思います。

本当は、大人を驚かせるほどの高い理解と感性、そして表現力を持っているというのに。

Baby Sign Languageはまだ言葉を自由に話せない乳幼児と大人の自由なコミュニケーションを可能にしてくれます。

Signのある日々は私たち大人にとってはまるで奇跡の連続です。

「そんなことを考えていたの?」

「そんなことを理解していたの?」

「そんなことを覚えていたの?」

私たちハナハウスは、子供達がより豊かな表現者としてより多くの可能性とともに自分の人生を切り拓いていけるよう,

幼い頃から子供たちを「日本語+英語」で育てる環境作りをする教室です。

その中でもこちらのクラスは、英語とベビーサイニングを取り入れ

「日本語+英語+米国手話(Sign)」の3つの言葉で育てようという日本ではまだ珍しい取り組みです。

しかし、それによって子供達は大人の想像を超える自由と可能性を与えられることになります。

言葉を話す前から話せるようになり、大人に伝えられない苦しみや涙から自由になり、

3つの言葉を自由に行き交う自由を与えられ、遠いところでも静かな場所でも気持ちを伝えられるようになり、

そして英語を自分の第2言語として極めて自然な形で育てることができるようになります。

これほどの力を持つBaby Sign Languageは、私たちの育児を何倍も楽しく実り豊かなものにしてくれるだけでなく、

子供達の未来にも大きな可能性を持たらしてくれます。

魔法の言葉、Baby Sign Languageへようこそ。

誰も知らない赤ちゃんの世界へ、

私たちと旅を始めましょう。


ハナハウス代表 高橋